グッドモチベコラム

リモートマネジメントの課題のひとつ「既存社員とテレワーク入社社員の関係づくり」

コミュニケーション

新卒社員の顔と名前が一致しない?Withコロナ、Afterコロナで人間関係が希薄に

テレワークの定着・浸透により、管理職には新たに「リモートマネジメント」が求められるようになりました。
これまでの管理職のマネジメント手法だけでは、部下が個別の環境で働くテレワークに対応しきれなくなっているようです。

テレワークによる部下・従業員のモチベーション低下の要因として、先輩社員など他のメンバーとのコミュニケーション機会が無く、人間関係が希薄になってしまっているというものがあると思います。

実際、新型コロナウイルス流行後の新卒社員とほとんどしゃべったことがない、顔と名前が一致しないという方も少なくないでしょう。

飲み会、ランチ、集合研修……社内イベントの激減

飲み会どころか一緒にランチに行く習慣すらなくなり、同期どうしのつながり、上司・部下のタテのつながり、チーム内メンバー・先輩後輩、同僚のつながり、チームをまたいだつながり、といったあらゆる会社・組織内の人間関係の弱まりという課題をよく耳にするようになりました。

例えば集合研修で同じことを学んだメンバー同士で、その後も繋がりが続く、情報交換を継続していた、ということもコロナ前ではよくあったと思いますが、特にチームを超えた人間関係は、リアルでの集まりやイベントが無くなってしまうと既存メンバーどうしでも薄れていってしまいそうなものです。

チーム間交流を増やし、新入社員も貢献できるような組織づくりを

そこで取り組まれているのが、マネジメント上の施策として「チームを横断したプロジェクトで、垣根を越えた連携をとる機会を作る」ことです。

これは実業務での集まりでも良いですし、勉強会という形で定期的にミーティングを行い、プロジェクトメンバー全員が連携しあえるようなグループを形成する、というのもひとつの手法だと思います。

既存メンバーも新卒社員も、全員が貢献できるような組織づくりがテレワーク下では求められてくるのではないでしょうか。


「グッドモチベコラム」では、経営・業務改善、健康経営・メンタルヘルス、人材育成・組織改革
キャリア・スキルアップ、コミュニケーションなど、さまざまなテーマの記事を公開中!

CONTACTひとも組織も、
さらなるGoodを。