管理職に必要な「従業員エンゲージメント」向上のためのコミュニケーションとは? - Goodモチベーション

グッドモチベコラム

管理職に必要な「従業員エンゲージメント」向上のためのコミュニケーションとは?

コミュニケーション

働き方の多様化時代に求められる「従業員エンゲージメント」

新型コロナウイルス流行の影響もあり、企業や従業員には新たな働き方が求められているところかと思います。
日々変化する労働環境の中、従業員も変化に対応していかなければならず、それに伴って一人ひとりの負担が大きくなることも。

そんな中、
「従業員エンゲージメント」を向上させる取り組みが重要、と言われることがあります。
数年前から耳にする機会が多くなった言葉なので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

従業員エンゲージメント向上の方法「コミュニケーション強化」

従業員エンゲージメントとは、従業員に企業や組織への愛着、熱意、信頼などを表すもので、
エンゲージメントが高いほど、企業に貢献したいという意欲が高いと考えられるものです。
これを向上させれば、離職率の低下やサービスの向上、その結果業績もプラスとなる効果が見られることもあるようです。

では、その従業員エンゲージメントを向上させる方法には何があるのでしょうか?
対策のひとつとしては、「コミュニケーションの強化」があるかと思います。

その手段は様々ですが、社内イベントで仲間意識を高める、という企業もあるようです。
ですがコロナ禍においては、多人数が集まるオフラインのイベントというものは現実的ではないでしょう。

企業、総務、管理職での対策を

モチベーションサーベイやエンゲージメントサーベイなど、
従業員の毎日の意欲状態を観測するサービスもありますが、
「1on1ミーティング」や面談といった1対1でのコミュニケーションがおすすめです。
時間を確保してゆっくり話すことで、理解を深めあい、お互いの意識・価値観の共有に繋がるでしょう。

上司と部下、総務と従業員、など対面での面談は既に期末評価などの目的で実施している企業も多いと思います。
ですので、実施自体のハードルはそれほど高くないものの、面談をする側である管理職の中で「面談が苦手」という方も少なくはないようです。

企業側や総務で評価面談研修・1on1ミーティング研修をしっかり受けた経験があるという話はあまり耳にしません。
従業員・部下のエンゲージメントを高める効果的な面談ができる技術、
もしくは技術がなくても面談がうまくいく施策が、
「新しい働き方」の中では重要となってくるのではないでしょうか。


「グッドモチベコラム」では、経営・業務改善、健康経営・メンタルヘルス、人材育成・組織改革
キャリア・スキルアップ、コミュニケーションなど、さまざまなテーマの記事を公開中!

CONTACTひとも組織も、
さらなるGoodを。