• Goodモチベーション

本記事は、Goodモチベーションアンケートにて働き方について回答していただいた調査の中から
1問をピックアップし、結果をミニレポートとしてお届けします。

今回は「3年後、自分が現部署(職場)で働いているイメージが持てますか?」。
4つの選択肢から1つを選択していただきました。
(正社員・アルバイト・派遣社員などを含み、雇用形態等属性は問わず集計)

結果は、「以前と変わらず、イメージできる」が26%、 「以前より強くイメージできる」が7%で、
約3割は3年後も自分が今の会社や職場で働くものと考えられているようです。
ただ、「以前も現在もイメージできない」が46%、「以前よりイメージできなくなった」回答者が21%と、
7割近くが今の職場で自分の働く姿が描けない状態にあることが推察されます。

原因は様々ですが、自分のロールモデルとできるような年齢の近い先輩がいなかったり、
目の前の仕事が手一杯だったり、仕事の目標が立てられない、といった原因も考えられます。
また、もう退職を計画している段階にあるという方も含まれているでしょう。

様々な要因があるにしても、3年後のイメージができにくい社会構造や
キャリアプランになってしまっている状況のようです。
終身雇用が無くなってきて転職することがマイナスに働かないことも、要因の1つかもしれません。
企業にとって、優秀な人材の確保や獲得、モチベーションの維持は非常に重要なテーマになってきています。
人材不足やキャリアプランをしっかり計画する為にも、部下メンバーとのコミュニケーションをしっかり取る必要が
出てきています。

面談サポートツール「Goodモチベーション」(https://good-motivation.com/index.php)は、
部下のアンケート回答結果からをもとに集計・分析し、
「仕事」「社風・経営」「人間関係」「キャリア・評価」「待遇」の
各カテゴリのモチベーション状態を個人ごとに可視化できるツールです。
例えば、
・キャリアプランについて
・自己の評価について
・自己スキルについて 等の項目ごとにモチベーション状態を見ることができ、
結果票を見ながら面談することで、部下のキャリアプランについてもトーク・認識の共有がしやすく、
上司・部下の関係強化・コミュニケーション強化につながります。

こんなお悩みはありませんか?(相談事例一部)

  • 管理職が部下との面談時、何を話せばいいか分からない。
  • 部下の価値観や、何を考えているかが分からない。
  • 管理職の面談の負担を軽減したい。(残業時間を削減したい)
  • 部下のモチベーション状況を把握したい。
  • 離職率を抑えたい。
  • 新人の教育で使用したい。
  • 従業員満足度調査アンケートとは異なる指標が欲しい。
  • 自社を業界や他社と比べてみたい。
  • 毎回アンケート集計結果をフィードバックできていない。
  • 管理職研修とセットで相談したい。
  • 管理職の面談スキル、コミュニケーションスキルを向上させたい。

などなど。

利用効果・お声(事例一部)

  • 「Goodモチベーションの定期的な受検で、部下の状況がより把握できるようになった」
  • 「部下がどんなことでモチベーションが下がっているのかが把握でき、面談がしやすくなった」
  • 「新人の離職率が低下した」
  • 「残業に関する価値観や働くモチベーションの価値観などが目標に反映できるようになった」

などのお声もいただいております。

このような素朴な疑問から、活用方法まで「Goodモチベーション」に関するWeb相談のお申込を、
下記フォームにて随時受け付けております。

Web相談お申込フォームはこちら(Googleフォームへ移動します)

お気軽にご相談ください。
お待ちしております。