• Goodモチベーション

本記事は、Goodモチベーションアンケートにて働き方について回答していただいた調査の中から
1問をピックアップし、結果をミニレポートとしてお届けします。

今回は「自分の給料を、知り合い等他社に勤める人と比較することが増えましたか?」
4つの選択肢から1つを選択していただきました。
(正社員・アルバイト・派遣社員などを含み、雇用形態等属性は問わず集計)

結果は、「以前も現在も比較することは無い」が59%と、回答の半分以上を占めています。
「以前より減った」も4%と、回答者の多くは現在の給与面での不満は少ない、
または減少傾向にあると推察できます。
しかし、「以前と変わらず、比較することがある」が24%、
「以前より増えた」方も13%いるようです。

給料というものはすぐに上げられるものではなく、改善の反映が非常に難しい点です。
しかし、客観的に見れば特段低い給料でもなく、例えば20代であれば妥当な金額なのに
不平不満を漏らしてしまっている、といったケースが特に若手社員に多くみられます。
「20代なら、こんなものだよ」と言いたいところですが、
言葉で伝えてもなかなか納得してもらうのは難しいものです。

面談サポートツール「Goodモチベーション」(https://good-motivation.com/index.php)は、
アンケート回答内容を分析し、「仕事」「社風・経営」「人間関係」「キャリア・評価」「待遇」の
各カテゴリのモチベーション状態が可視化できるツールです。
<全受検者のデータベース平均>と<受検者>のモチベーション状態が比較できるので、
例えば同じ20代でも、待遇について「一般的にもこのくらいの値だよ」と説明することができます。
給料に対する不満に対して、お互いに理解しあうことが重要です。

こんなお悩みはありませんか?(相談事例一部)

・管理職が部下との面談時、何を話せばいいか分からない。
・部下の価値観や、何を考えているかが分からない。
・管理職の面談の負担を軽減したい。(残業時間を削減したい)
・部下のモチベーション状況を把握したい。
・離職率を抑えたい。
・新人の教育で使用したい。
・従業員満足度調査アンケートとは異なる指標が欲しい。
・自社を業界や他社と比べてみたい。
・毎回アンケート集計結果をフィードバックできていない。
・管理職研修とセットで相談したい。
・管理職の面談スキル、コミュニケーションスキルを向上させたい。
などなど。

利用効果・お声(事例一部)

・「Goodモチベーションの定期的な受検で、部下の状況がより把握できるようになった」
・「部下がどんなことでモチベーションが下がっているのかが把握でき、面談がしやすくなった」
・「新人の離職率が低下した」
・「残業に関する価値観や働くモチベーションの価値観などが目標に反映できるようになった」
などのお声もいただいております。

このような素朴な疑問から、活用方法まで「Goodモチベーション」に関するWeb相談のお申込を、
下記フォームにて随時受け付けております。

Web相談お申込フォームはこちら(Googleフォームへ移動します)

お気軽に担当者:西田までご相談ください。
お待ちしております。