グッドモチベコラム

企業の「透明性」や風通し…従業員の不安を取り除く方法は?

人材育成・組織改革

テレワークで、より見えなくなる「会社の状態」

昨今の新型コロナウイルスの影響によりテレワークを導入した企業も多数出てきたと思いますが
在宅ワークでは部下やメンバーの働いている姿が見えず、
逆に、部下から見ても管理職の動きや会社自体の様子がうかがえず、経営などへの不安も募っていく可能性も考えられます。

こうした状況で、これまで以上に企業の「透明性」の重要性が問われてきているでしょう。

情報不足が従業員の不安・不信感を招く

従業員の不安の原因のひとつに、経営状態が分からず不安、というものが考えられます。
企業によっては、経営情報・詳細な業績を社内で全社員にオープンにすることは難しく、
「知ってほしくない」「知る必要がない」と考えられる経営者の方も多いと思います。

組織・職場の透明性が向上すれば、企業内・メンバー同士の信頼感も強まる。たとえテレワークだったとしても職場の風通しが良く、優秀な人材の定着の可能性もあります。

また、円滑なコミュニケーションで成果も期待できるかもしれません。
営業と現場の関係が悪い、という組織をよく耳にしますが、お互いの状況を把握することで改善に繋がることもあるでしょう。

コミュニケーションツールを活用し、透明性を高める

組織の透明性を高める方法にはどんなものがあるでしょうか?

まず1つ、コミュニケーションツールを活用する方法があるでしょう。
メンバーの業務状況をはじめ、リアルタイムでのタスク管理、業務に関するファイルのアップロードが可能なものなど、サービスによって昨日は様々です。その業界・業種に特化したツールも提供されています。

部署・チームだけでなく、業務やプロジェクト単位のグループでチャットやビデオ会議を行えるため、テレワーク環境下でもコミュニケーションをとることが可能です。
経営側からも、グループウェアで必要な情報を発信していくこともでき、透明性の向上につながるのではないでしょうか。

コミュニケーションの質を向上し、風通しの良い職場に

また、情報共有の機会を増やすだけでなく、「コミュニケーションの質を高める」手段も考えられるでしょう。

ツールを契約し導入するだけでは、メンバー個人の意識は変わらず、これまでの閉塞的なコミュニケーション、関係のままとなるかもしれません。
結果として、企業・組織・経営と従業員、上司と部下の普段からの関係を強化し、風通しを良くすることが重要となります。

従業員が成果を出せるような、また、従業員が仕事・会社のことを経営者目線で考え、自分の業務だけでなく会社の全体像を把握できるような風通しの良い職場づくりが、組織の成長に繋がるのではないでしょうか。


「グッドモチベコラム」では、経営・業務改善、健康経営・メンタルヘルス、人材育成・組織改革
キャリア・スキルアップ、コミュニケーションなど、さまざまなテーマの記事を公開中!

CONTACTひとも組織も、
さらなるGoodを。