グッドモチベコラム

増加する「テレワーク鬱」、組織としての対策は?

健康経営・メンタルヘルス

従業員が孤立しやすい環境が、メンタル不調を引き起こす

2020年より一斉に広まり多くの企業に定着したテレワークという働き方ですが、
新たな問題として「テレワーク鬱」の増加が各社で見られているようです。

なぜ「テレワーク鬱」が増えるのでしょうか?

メンタル不調はオフィスワークでも起きてしまうものですが、
テレワークという環境が、従業員の孤立を引き起こしてしまい、
十分なコミュニケーションをとることができない等の要因により、問題や悩みを一人で抱え込んでしまう、
ということが多いようです。

テレワークでは従来の働き方とは環境も変化します。
自宅という環境がかえってストレスになる方もいます。

会社の体制・従業員にフィットしたテレワーク対策を

また、テレワークに際して独自の社内ルールや仕組みを設けた企業も見受けられます。

自宅での仕事に必要な環境をそろえるための「テレワーク手当」を設けたり、
オフィスであったような雑談が一切無くなるため、「ランチZoom」を開催して
コミュニケーションの場を用意したりなど、
様々な工夫が行われています。

一方で、そうした仕組みがうまくいかない、会社の体制にフィットしなかった
という事例もあるようです。
会社が違えば文化も違いますし、そこで働く従業員の性格も十人十色です。
全ての人・会社にマッチするテレワーク対策を編み出すことは、そう簡単ではないのかもしれません。

組織として、健康経営・メンタルヘルスマネジメント対策を

新たな課題「テレワーク鬱」によるメンタル不調者の増加。
メンタル不調対策には、必要な相談先、対応、その後のケアなどが求められます。

組織として「テレワーク鬱」をはじめとしたメンタル不調対策を行っていくことが
重要ではないでしょうか。


「グッドモチベコラム」では、経営・業務改善、健康経営・メンタルヘルス、人材育成・組織改革
キャリア・スキルアップ、コミュニケーションなど、さまざまなテーマの記事を公開中!

CONTACTひとも組織も、
さらなるGoodを。